沿革

1882年 明治15年 1月 東京都日本橋兜町に、米穀商木村徳兵衛商店として開業
1950年 昭和25年 3月 神奈川県横須賀市大滝町に、米穀及び飼料の販売を目的として株式会社木村徳兵衛商店を設立
    4月 本社(本店所在地)を東京都中央区に移転
1951年 昭和26年 3月 米穀卸売販売業者の資格を取得、米穀の販売開始
1964年 昭和39年 1月 商号を木徳株式会社に変更
1969年 昭和44年   本牧精米工場(横浜市中区)を設置
1982年 昭和57年 1月 当社創業100周年を迎える
1991年 平成3年 8月 ベトナム産米の取扱いを目的として、アンジメックス・キトク合弁会社(ベトナム・ホーチミン市、後にアンジメックス・キトク有限会社に社名変更、アンザン省ロンスエン市に移転)を設立
1994年 平成6年 6月 桶川精米工場(埼玉県桶川市)を設置、品質管理体制を充実させ、精米能力の拡大を図る
1995年 平成7年 4月 輸入米穀の特別売買契約申込資格を取得、売買同時契約方式(SBS)による米穀輸入業務を開始
    10月 九州地方へ進出
1996年 平成8年 12月 米国産米の輸出販売を目的として、キトク・アメリカ会社(米国・サウスサンフランシスコ市、後にバーリンゲーム市に移転)を設立
1997年 平成9年 6月 関西地方へ進出
1998年 平成10年 4月 輸入米穀の買入委託契約一般競争(指名競争)参加資格を取得、ミニマム・アクセス(MA)による政府米の輸入業務を開始
1999年 平成11年 1月 アンジメックス・キトク合弁会社(ベトナム・アンザン省ロンスエン市、後にアンジメックス・キトク有限会社に社名変更)に精米工場を設置
    6月 中国地方へ進出
2000年 平成12年 10月 神糧物産株式会社(横浜市西区)と合併し、商号を木徳神糧株式会社に変更
2001年 平成13年 4月 東北地方へ進出
    7月 日本証券業協会の店頭売買有価証券市場(JASDAQ市場)へ銘柄登録
2002年 平成14年 11月 新潟製粉工場(新潟県阿賀野市)を設置、米粉事業へ進出
2003年 平成15年 10月 当社食品事業部門を、キトクフーズ株式会社を承継会社とする吸収分割を実施
2004年 平成16年 4月 本牧精米工場(横浜市中区)がISO9001を取得
    9月 備前食糧株式会社(岡山県瀬戸内市)がISO9001を取得
    12月 日本証券業協会への登録を取消し、株式会社ジャスダック証券取引所に株式上場
2008年 平成20年 2月 タイ国産米の輸出販売を目的として、キトク・タイランド会社(タイ・バンコク市)を設立
2009年 平成21年 3月 滋賀精米工場(滋賀県東近江市)がISO9001認証を取得
    8月 東海地方へ進出
2011年 平成23年 2月 中国産米の取扱いを目的として、木徳(大連)貿易有限公司(遼寧省大連市)を設立
2013年 平成25年 7月 株式会社大阪証券取引所と株式会社東京証券取引所の現物市場の統合により、東証JASDAQ市場に
2015年 平成27年 3月 たんぱく質調整米等の製造販売及び輸出を目的として、台湾木徳生技股份有限公司(台湾・屏東県)を設立
2016年 平成28年 9月 本社機能を東京都千代田区に移転
2017年 平成29年 11月 桶川精米工場がFSSC22000認証を取得