プレスリリース

「在日ベトナム人の駆け込み寺」大恩寺へお米を寄付しました

在日ベトナム仏教信者会会長のティック・タム・チーさんが住職を務める埼玉県の大恩寺は、様々な面で在日ベトナム人の支援をされ、日本で暮らすベトナムの方々の心のよりどころとなるベトナム寺院として知られています。

昨今、ベトナムから来日した技能実習生や留学生の方々が新型コロナウィルス感染症拡大の影響による雇い止め等で生活に困窮する状況に陥り、多くの方が大恩寺に身を寄せられているという状況を報道で知り、12月23日大恩寺をご訪問し、当社海外事業部から長粒米のホワイトライス(5kg×100袋)を寄付させて頂きました。


(左:ティック・タム・チー住職、右:当社海外事業統括 山田)

当社グループの海外展開は、ベトナムで1991年に現地企業と合弁で設立したアンジメックス・キトク社によるジャポニカ米の生産と輸出を基軸として行ってきました。

このビジネスは現地の企業、行政、生産者をはじめとする多くのベトナムの皆様と、長い期間をかけ苦労を共にしながら協力して作り上げて来た結果であり、当社はベトナムの皆様に並々ならぬ恩と深い繋がりがあります。

長粒米はベトナムでよく食べられているお米ということもあり、大変喜んで頂くことができました。
このお米が、新型コロナウィルス感染症の影響に苦しむ日本で暮らすベトナムの方々のお力に少しでもなる事をグループ役職員一同願います。当社グループの置かれる食品業界も厳しい環境ではありますが、今後も当社は企業の社会的責任を自覚し、引き続き社会貢献活動を行ってまいります。

一覧に戻る