プレスリリース

キッチンカーで「タイヘの恩返し」

「ゴールデンフェニックス」デザインのキッチンカーで販売するお弁当1つにつき5円を、当社とココロータス共同で、タイの環境保護団体である「スープ・ナーカサティアン財団」へ寄付します。

 

 

 

当社は、初めてタイ香り米を輸入した1995年から、タイ香り米とタイ料理を多くの方に楽しんで頂くための情報発信と商品の拡販に取り組むなかで、様々な形でタイからご協力をいただき、交流を深めてきました。

当社はココロータス(株式会社Cocorotus)とのコラボレーション企画として今年の2月より「ゴールデンフェニックス」デザインのキッチンカーでタイ香り米を使用したエスニック料理の販売を行っていますが、タイへの恩返しの一環として、同キッチンカーで販売するお弁当1つにつき5円を、当社とココロータス共同で、タイの環境保護団体「スープ・ナーカサティアン財団」へ寄付します。(2021年5月10日~8月末予定)

同財団は、生物学者であったスープ・ナーカサティアンの死をきっかけにして設立されたタイの環境NGOであり、環境保全および野生動物保護の認知拡大を目的に様々な活動をされています。当社が取り扱うお米も自然が与えてくれた作物の1つであることから、この度の我々の取り組みが少しでも環境保護の手助けになればと考えています。

新型コロナウイルス感染症の影響により食品業界は依然として厳しい環境にありますが、今後も企業の社会的責任を自覚し、社会貢献を行っていきます。

 

    

    

「ゴールデンフェニックス」とは?

 最高品質のタイ香り米(タイジャスミンライス)として世界中で愛されているChia Meng(チアメン)社のブランドです。一般的なタイ米は主にタイの中央地域で年2~3回収穫されますが、「ゴールデンフェニックス」のタイ香り米は、タイの東北地方に位置するコラート高原の限られた水田で年1回のみ収穫され、ポップコーンに例えられる自然な甘く香ばしい香りが特長です。

 
一覧に戻る