プレスリリース

京都与謝野町と「環境を意識した農業振興に関する協定」を締結

当社は、2021年12月14日、自然循環農業を推進する京都府与謝郡与謝野町(町長:山添 藤真、以下「与謝野町」)と環境を意識した農業振興に関する協定を締結しました。

当社は『コメビジネスを軸に世界中の消費者にコメとコメ関連食品の素晴らしさを発信し、健康で楽しいライフスタイルの実現をサポートする』ことを経営理念として掲げ、『お米をはじめとした自然の恵みを取扱う企業として、私たちの事業が豊かな自然環境の上に成り立っていることを認識し、自然に感謝するとともに、企業活動が環境に与える影響を考え、事業と環境の持続的な調和を目指す』ことを環境理念とし、環境負荷の低減や食品ロスの削減を図ることで社会へ貢献できるビジネスを目指しています。

昨年には、与謝野町の生産法人である京都祐喜(きょうとゆうき)株式会社と、環境に配慮した減プラ包装と100%有機質肥料を使用した「無洗米特別栽培米 京都丹後コシヒカリ」を共同開発する等、与謝野町と当社はかねてから協力体制にありました。本協定の締結はその繋がりをより強固にした上で、広域米穀卸売業者である当社と、町を挙げて自然循環農業を推進する与謝野町のそれぞれが持つ知識、技術および資源を一層活用し、自然との調和を図りながら与謝野町の農業振興に向けた協働の活動を進めることを目的としています。

今後は、与謝野町と協力し、農産物の販売促進、関連商品の当社ECサイトでの販売、有機質肥料原料である糠の供給、町営精米工場への技術指導等を進め、それに加えて、与謝野町の豊かな自然と生産者をはじめとした皆様によって育まれた農産物と地域そのものの魅力をPRし、生産地と消費地を繋ぐ交流支援や観光の取り組みに繋げていきたいと考えています。

■協定内容
(1)与謝野町農業関連施設の運営に関する連携
(2)与謝野町農産物の販売に関する連携
(3)消費者・生産地との交流に関する連携
(4)そのほか協定の目的を達成するための連携

(左:与謝野町 山添 藤真町長、右:当社常務取締役 鎌田 慶彦)

一覧に戻る